11月手相診断日のお知らせ★11月7日ブログ更新★WEBを × で閉じてから再度開くと確認できます。本当にすみません。

手相カウンセリング平塚のお客様のご感想の紹介 横浜会場

手相カウンセリング平塚の後藤です。

※過去の記事をアップいたします。

 

お客様より大変ありがたいご感想を頂けましたので、

紹介させて頂きます。

 

お客様からのご感想
後藤様前回に引き続き、本日も詳しく鑑定して下さり、大変ありがとうございました。
今まで、経験もない事なのに、直感だけで自分には天職なんじゃないかと思っていた職業が、本当に向いているんだと教えて頂き、なんというか、感謝しかありません。
自分が心の底からやりたいと思ったものは、コアな職業だし、まさか自分が実現できるわけはないと思っていた、いや、無理やりそう思って諦める方向に持っていっていたという表現の方が正しいかもしれません、それをはっきりと、やらないと勿体無いと断言してくださり、とても心強く、自分のあの根拠のない自信、直感は間違っていなかったのだと思えました。まだ今は優先順位が○○する事なので、後藤さんから言われたように今すぐにどうこうという事はできない、しない予定ですが、時が来たら迷わず進めそうです!私は、自分に自信があるタイプではないので、自分の直感を信じることができず、だから本当はこうやって誰かに背中を押してもらいたかったのかもしれません。社会人になって約10年、どの仕事をしても霧の中にいるような感覚が拭えず、自分を活かしきれていない感じで、それが今日本当にストンと腑に落ちました。霧が50パーセントぐらいはなくなりました!笑

あとの50パーセントは時が来るまでの我慢です。笑

とにかくお礼が言いたくてバーっと書いたのでまとまりがありませんが、これからも、どうぞよろしくお願い致します。

本日は、本当にありがとうございました。

こちらこそ、

リピートして頂きましてありがとうございました。

 

また、わざわざ、お礼を頂けたことを改めて

感謝いたします。

これからも精進してまいります。

この方は大変才能豊かな方で、

何から伝えたらよいかわかならい程でした。

 

いつもの通り、

お客様の感想へのコメントとアドバイスは

ご本人様にメールでお伝えしいるので、

ここでは控えさせて頂きます。

 

また、ちょっと余談なのですが、

よく鑑定中にこのようなことを

おっしゃるお客様が多いです。

 

こんなことをしてはいけない

こんなことを言ってはいけない

 

と思っていました。

実は良いんですね!

と言われます。

 

私自身も皆様と全く同じで

そう思ってました(汗)

これって、単純に

・人に嫌われたくない

・常識を持たなければならない

・自分の悪いところを直さなければならない

・いい年して恥ずかしい

・いい人と思われたい

・できる人になりたい

・人間関係を保ちたい円滑にしたい

などなど

 

あると思いますが、

結局のところ

できる人とか、常識人とか、

分別ある人とか、よりも

魅力的な人になれれば

それで良いと思います。

 

どうゆうことかというと、

仕事ができる人や、常識人、

分別のある人でも、

 

・とっつきにくい

・悪い人じゃないけど近寄りがたい

・単純に嫌い

 

など、良いとは限らない。

なれたとしても、

本当に良いかわかりません。

 

でも、こんな人いませんか?

・あんまり仕事できないけど、憎めない

・不器用だけどあの人好き

・感情の起伏激しいけどすごく面倒見が良い

・いつも適当なのにうまくいっている

・やっていることがよくわからないけど、助けたくなる

・どんくさいけど、癒される

 

これ、長所も短所も関係なく、

全面に出している

その方の素型なんだと思います。

※素型(すがた)は私が勝手に作った造語

長所も短所も全部出すことで、

生まれるシナジー効果が

魅力的な人

ではないでしょうか。

 

魅力的な人は、

短所も前面に出しています。

魅力的な人は、

多くの方に好かれますし、

気が楽だし、楽しい。

ちょっと抜けてるくらいが

ちょうどよくないですか?

 

親近感あるし!

きっちりしすぎたら

息苦しいですよね!

 

でも、

ダラダラ過ぎてもダメですよね。

長所だけ出してもダメです。

短所だけ出してもダメです。

長所も短所も一緒に!

 

それが魅力的な人

 

それが私が言う「素型」です。

常識人も、できる人も、

魅力的になってから、

なればいいじゃないですか!

 

何ごとも過ぎるのは

良くありませんが、

 

本当のあなたはどこへ行ったのですか?

あっちですか?

こっちですか?

 

いえいえ、

そこにいるはずです。